• このエントリーをはてなブックマークに追加


黙々と制作

お久しぶりです。

ゲームをコンテスト提出を目指して黙々と作っています。

ScreenShot_2013_0513_18_23_32.png

真ん中に選択肢が出てますが、それぞれのステータス値に応じたソートが行われます。
その結果が左にあるリストで、この前制作したソートシステムを応用したものです。
これをもうちょっと作りこんで、控えユニットのリストにしたいと思っています。
そこからユニットを選択して、指定座標に召喚。という流れまで。


今作ってるゲームを簡単に言うと、レベル制を導入したボードゲーム……。
つまりもう戦略シミュレーションゲームですね。


挫折なんてものはしてられないので、頑張って壁を超えています。

まず、システムができなきゃゲームは動かない!

まだシステム制作の段階ですが、どこまでいけるかやってみたいと思います。


で、割とうまくいってる感じがしてる今回の制作なんですが、
今回はB5ノートを使って、暇あれば、コモンの設計図みたいなのを書いています。

どれぐらい書き込むかというと、それ見ながら特に困ることもなくコモンを作れるレベル。
ということになります。

ともかく書いて書いて書きまくってます。

とまぁ書いてますが、実際は結構適当なので、
曖昧なアイデアだけのみの書き込みだったりとか、そんなのもたくさんあります。

ともかく可能な限り書いて、どんなコモンを作りたいかを明らかにする。
ってのをやってます。

書いてる時は数学の証明問題をしてる気分です。
アイデアの証明をするんですよね。後から見ても分かるように。


あとはコモンをうまいこと区切るってのもあります。
コモン呼び出ししかしない、ゲーム進行のベースになるコモンを作って、
それを元にゲームが動いてます。

それで、コモンはできるだけ一つで完結するように。というのと、
汎用性を高めておく。ということを心がけてます。

要するにコモンを一つ完結にして、できるだけ他のコモンへの影響を無くしたいわけです。
こうすれば、例えコモンが一つバグったとしても他のコモンへの影響が少なくなります。
(もちろんコモンで出した結果を別のコモンの引数とかに使ってたら影響は出ますが。)

処理一つ一つに丁寧に柵を作れば、分かりやすく、さくさく処理してくれます。そう、きっと。


そんなわけで、第一の壁「システムを完成させる」。

頑張りたいと思います。


さー……、
テスト勉強すっか。(テスト1週間前)
スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


読んだ本のまとめ2013 4月

  • 2013/05/06 12:48
  • Category: 読書
GW最終日。シフトです。


なんやかんやで忘れかけていた読んだ本まとめ。

忘れずに更新!

Pagination

Utility

目標

  • アクティブになる!
  • 自分の役割をちゃんと果たせるようになる!

お知らせ

更新休止中です。2015/03/06

ダウンロード

自爆少年
Jump Run Attack
ハカセ先生のウディタ講座
ESound Player
UM Explorer
Udita Explorer

テストプレイコモン
時間表示コモン
ダブルクリックコモン

Banner

↓ 以下工事中 ↓

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ

検索

web拍手

web拍手
メッセージなどはこちらに
どうぞ!