• このエントリーをはてなブックマークに追加


読んだ本のまとめ2013 3月

  • 2013/04/01 16:48
  • Category: 読書
4月が来てしまいました。春です、花粉です、桜です、シフトです。

エイプリルフールのネタを見てますが、本当にすごいですよね。
自然と出来上がった夢のあるお祭りの日ですね、エイプリルフールって。


さて、今回は月初め恒例の読んだ本まとめです。
先月は結構読めた……気がします。
2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2078ページ
ナイス数:63ナイス

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)感想
ついに、アンダーワールドの秘密が明らかになった11巻。着実に物語が進んでいます。やっぱりただのシステムじゃなくて、読みながらも色々考えさせられました。アリスの記憶は無事取り戻せるのか。気になります。 あと個人的に、ロニエとティーゼの出番が少なかったように感じたので、いつかまた登場すると願って12巻を楽しみに待ちます。面白かった!
読了日:3月9日 著者:川原礫
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5 (ガガガ文庫)感想
時期は夏休み、映画見に行ったり、花火行ったり、もうひっきーじゃないよなと思うぐらい八幡はがんばってます。 ここに来て平塚先生はなかなか良かったと思った。ラーメンのメールはすごかったけれども。 展開からして、雪ノ下に何か動きがありそうで、次が気になります。最後のイラストが、ね。
読了日:3月21日 著者:渡 航
デート・ア・ライブ5  八舞テンペスト (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ5 八舞テンペスト (富士見ファンタジア文庫)感想
士道が逆に攻略されるというハーレム状態。飽きさせない工夫がされてるなと感じました。それでいて、最後はちゃんとバトルシーンで締める。面白かったです。 八舞姉妹はなんだかんだでお互いの事が好きなんだよな、だったら最終的にはこうなるしかないよなと。展開は読めてしまいましたが、このあっさり感いいのかもしれない。 エレンさんはカメラマンとして同行してたのでかなり弄られてました。カラーイラストにもなってたのに…w でもかなり強いので立ちはだかるのは間違いないと思いました。 次巻にも期待です。
読了日:3月22日 著者:橘 公司
デート・ア・ライブ6  美九リリィ (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ6 美九リリィ (富士見ファンタジア文庫)感想
男嫌いな美九に女装で立ち向かう士道。士織とかとっさによく名前出てきましたね。 展開は、至上最悪というか、精霊大集合というか。その中でラストでは狂三が登場。これは次が気になりますね。 バンドシーンはすごく良かった、精霊いっぱいなんだけど、その中でもやっぱり十香は特別なんだなあと。すごく楽しそうだったじゃないですか、そりゃ大盛り上がりですよ会場。 でもそんなのもつかの間、でした。 急いで7巻を読みます。
読了日:3月22日 著者:橘 公司
デート・ア・ライブ7  美九トゥルース (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ7 美九トゥルース (富士見ファンタジア文庫)感想
6巻の続き、後編です。美九のデレ具合というか、すごいですね。可愛かった。 精霊大集合な話だったわけですが、十香と狂三が光っていました。気になる事も結構出てきています。黒十香(?)や、過去の士道、狂三の本当の目的…など。 アニメ化に、短編集の発売の決定、加えて9巻の予約用紙が挟まっている…。今巻でかなりお腹いっぱいなのですが、まだまだ勢いは止まりそうにありません。話の続きに期待です。
読了日:3月23日 著者:橘 公司
GJ部中等部 1 (ガガガ文庫)GJ部中等部 1 (ガガガ文庫)感想
【借りた】ちょっと読みづらかったかもしれません。キャラに慣れてないからかな。 GJ部の中等部ということで、キャラが幼くて、自分が昔に戻ったみたいな気持ちになりました。あとがきに「主人公は読者」とあるので、そう感じられたのかもしれません。 高等部の人の登場を少し期待したいです。
読了日:3月23日 著者:新木 伸
バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)感想
最終巻……と思ったらもう一巻続くようです。 2年vs3年ですが、坂本がいつも通り指揮をできないところから始まり、腹くくってやりたいようにやる、そして最後の告白の件。やってくれます、かっこいい。所々で過去の話が出てきて少し懐かしいなと思いました。 これからが本調子!のように感じられたのでバカテスらしい最後を期待したいです。 あとがきもいつも通りでした。
読了日:3月31日 著者:井上堅二

読書メーター



7冊!!

しかし、これでも過去のペースに及ばない…ってことは、
以前はどんなペースで読んでたんだ!?
となってしまいますね。

まぁ、継続的な読書よりは、最近はほとんど「一気読み」なので、
そうなっちゃうのかもしれませんね。


では、それぞれの軽い感想を。
・SAO11
ドキドキが止まりません、着実に、着実に、キリトたちは進んでいきます。
数々の試練を乗り越えて。キリトさん無双、まではいかないけどぱないっす。

・はまち5
雪ノ下さんどうしたんだろう?
これに限る。続きも気になってしまいます。

・デート・ア・ライブ
5~7巻を一気読みしましたが、
凄まじく面白くて、サクッと読めます。
6、7巻は2巻で一つのお話になっていますが、
精霊やラタトスク、ASTもみんなみんな集合して大決戦です。
お腹いっぱいです。ホントに。
アニメも期待してます。

・GJ部中等部
ゆるふわ~ゆるふわ~。
ですが、ゆるふわというか、「中等部」というので、
かなり内容が幼くなってしまっているので、
なんかそこに懐かしさみたいなのを感じながら、
一方で物足りなさも感じました。

・バカテス11
おっと……まだ続くか。
雄二がかっこよかったですね。腹くくってね。
これが最後の戦い。バカテスらしい終わりを待ってます!


はい、というわけで感想終わり。


とりあえず溜まってた本を読めた気がします。
好きなシリーズの本さえ溜まってきたら、
流石にやばいなあと思っております(;´∀`)


4月は新年度。色々始まります。
今年度も頑張っていこうと思います。


というわけで、シフトは課題消化に戻るのでした。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

目標

  • アクティブになる!
  • 自分の役割をちゃんと果たせるようになる!

お知らせ

更新休止中です。2015/03/06

ダウンロード

自爆少年
Jump Run Attack
ハカセ先生のウディタ講座
ESound Player
UM Explorer
Udita Explorer

テストプレイコモン
時間表示コモン
ダブルクリックコモン

Banner

↓ 以下工事中 ↓

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ

検索

web拍手

web拍手
メッセージなどはこちらに
どうぞ!