• このエントリーをはてなブックマークに追加

「THE IDOLM@STER MOVIE」を観てきた 【ネタバレ抑え】

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」。観てきました。

せっかくなので軽い感想記事を書いてみようかと思います。
感想というか思ったこととかですね。


ネタバレはなしの方向で行きますが、物語の大筋には触れていくことになるので、
完全ノーヒントで映画を楽しみたい人は、今すぐこの画面を閉じて映画館へどうぞ!
(ステマじゃないよ)



あと割とぶっちゃけてますので、苦手な方はご注意ください。
まずは、全体的な感想ですが、
すげーよかったです。

アイマス好きなら、プロデューサーなら、見に行くべきです。
きっと楽しめます。



では以下細かいことを書いていきます。





Q.ストーリーはどうだった? A.「アイマス」


多分こういう答えになるかなと思います。
すごいアイマスらしいストーリーです。

ただ人によっては、物足りないかもしれないですね。


話の大筋は、アリーナライブが決まり、765プロメンバーは練習に励む。
そしてグリマス(ミリオンライブ)のアイドルも加わって……。というところなんですが、
個人的には、765プロのアイドルの姿が観たかったわけで、
なぜグリマス入ってきた!?というのが正直な感想。

悪い印象は全然ないというか、むしろいい話だったので好きになったぐらいですが、
765プロの姿を見に行けると思っていたら、少し違ったので残念。
(ちょっと影が薄いかなーという印象)


パンフレットの記事では、錦織監督がこういうことを話していました。
(以下、要約文です)
「アニメでやりきったので、この後どういうふうにやっていけばいいのかと思っていた所、
グリマスのメンバーを絡ませてみたらどうかという話をいただいて、
アニメとはまた違った話になるんじゃないか、と思って作ることになった。」


確かにアニメの延長線でやったら起伏がないっていうか、
どうしようもない感じになるなあと想像できました。





作画がいい……


みんな生き生きしてるというか、なんというか(・∀・)イイ!!

個人的には真がよかったなあと思いました。
これは観て感じるしかないように思います。
みんなかわいいし、魅力的です。





名前は大切


今日実は、一番書きたかったのがこの話。


今回映画の中でも、
キャラの紹介シーンがあるんです。
しかも名前のテロップが出ます!!



これはアイマスに限らず、アニメとかの話なんですが、
キャラクターの名前を覚えてからがやっと楽しめるようになるっていうか、
経験的な話だと、キャラの名前を覚えてないアニメほど早く記憶から消えてしまってます。
(記憶では、あんな髪型であんな格好のあんな性格の主人公が、こんなことしてて、むっちゃ笑えたアニメ
ぐらいにしか覚えていない)

キャラの名前が分かってないと話にすらついていけないですからね。
アニメは覚えなくても目で見て、ついてはいけますが、正確に理解するのは難しいかなと。


で、その大切な名前が、一人ひとり出るんですよね。
キャラ紹介のあるアニメなんて、
最近ではアイマスとけいおんのOPぐらいでしか見た覚えがありません。
(見てるアニメが少ないものありますが……。)

もちろんグリマスのメンバーの時もテロップが出ていました。

765だけではくグリマスの時にも出したということで、制作側は意識してるんだなあと思いました。
(もちろん、アニマスの時もテロップは出ていた)


映画きっかけでアイマスPになる人のためにも、こういうのはいいなと思います。





小ネタが大量


ここまでかというぐらい、小ネタが大量です。
なんかあれな言い方になりますが、歴史を感じます。
いっぱい積み上げてきたんだなぁというのを。


自分なんてアニマスからの人ですから、浅いですけど、
それでも分かった小ネタはたくさんありました。

こういうとこでニヤリとしてしまいますね。やっぱり。





圧巻のライブシーン


これを観にもう一度映画館に行きたい!

「あ、これは本気だ、やばいやつだ」と察せずにはいられない出来です。
テレビとかで観るよりは、映画館で観てこそのシーンだと思ってますので、
これだけでも行く価値があると思います。

これはネタバレになるかもなので、字を薄くしておきますが、(以下、オンマウスorタップで黒色表示)
登場するライブ会場。7thライブ会場の横アリを完全再現しています!!
7thに行った人はもっと感動するんじゃないかと思います。






総評


満足です。もう一度は行きたいです。

希望としては、もう少し765プロのメンバーを観に行きたかったです。
でも、後輩(グリマス)の面倒をみるような所まで成長したという姿を観れたので、
なんかそれだけでも感動でした。

作画、ライブシーン。ともに素晴らしくて良かったです。


そんなわけで、気になった人は見に行ってみてはどうでしょうか!

スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

目標

  • もっと活動的になる
  • 喜ばれることをする

お知らせ

ダウンロード

自爆少年
Jump Run Attack
ハカセ先生のウディタ講座
ESound Player
UM Explorer
Udita Explorer

テストプレイコモン
時間表示コモン
ダブルクリックコモン

Banner

↓ 以下工事中 ↓

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ

検索

web拍手

web拍手
メッセージなどはこちらに
どうぞ!